転職活動では求人の条件をしっかりと確認

 転職活動をするときは、実に多くの求人を目にします。そして、その中から気に入った企業、仕事をしてみたいと思わせる企業、自分が成長できるのではないかと感じられる企業をピックアップして選んで応募します。

 

 ここまでは、転職活動をしている側に選ぶ権利があるのですのが、1度応募してしまえば後は面接などを含めて選ばれる側になります。ここで気をつけておかなければならないのは、求人に記載されている仕事条件を満たしているかどうかきちんと確認をするということです。当たり前のことかもしれませんが、これはとても大事なことです。

 

 たとえば、求人に「転勤の可能性あり」と書いてあれば、言葉としては「可能性あり」ですが、ほぼ確実にあると思って応募しなければなりません。ですから、面接のときに「転勤がありますけれど、大丈夫ですか?」と質問されたら、間髪いれずに「大丈夫です」と即答する覚悟を持って応募しなければならないのです。そこで自分勝手な都合で「できれば、転勤は避けたい」ということを述べれば、採用が後回しになるのは想像に難くないはずです。

 

 同じような理由で「医療事務経験者優遇」や「自動車運転免許所持者」や「プログラミング経験者」など、さまざまな応募に関する条件が設定されていたりしますが、根本的にはこれらの条件を満たす人から採用が決まるということを、ぜひとも転職活動は知っておくべきです。

 

 

参考サイト
30歳 転職
30歳から始める転職活動方法

 

 

 これらの条件を満たしていないのに応募しても、形ばかりの面接をして不採用になる可能性が非常に高いわけですから、結果的には時間の無駄です。ですので、求人の条件を満たしているかどうかは、よく確認してから応募すべきです。