これから就活される皆さんへ

 さて、無事に面接の連絡を受け、いよいよ面接が始まります。面接とは履歴書記載事項の確認だけでなく、その人の雰囲気や人柄もできれば知りたいので、面接官は色々な質問をします。時には答え辛い様な立ち入った事を聞かれるかも知れません。あまりにも非常識な質問には答える必要はありませんが、「何度も転職を繰り返しているのはどうしてですか?」等はよく聞かれます。

 

 不況のあおりで会社が倒産したのであればその通り答えるべきですし、、自己都合で退職したのであればその旨をきちんと説明する必要があります。よく見られるのが、「いえ、、、別に」などという、質問に対しての返答になっていないものです。そのような曖昧な態度は面接では控えましょう。

 

 自己都合で退職した事を引け目に感じてそのような態度になるのかもしれませんが、どうして自己都合で退職せざるを得なかったのかをきちんと説明すれば、案外すんなりと進む事もあるのです。要は、偽ったりせずに、相手の面接官の目を見て誠実に受け応えをするのが大切なのです。分からないことや、引き受けられない職務内容に関してははっきりと返事をした方が後々の無用なトラブルの元になるのを回避できます。

 

【Pick Up】
大学中退から就職する
大学中退者でも妥協せずに就職するための秘訣満載!

 

 最後に質問はありますか?とたずねられた時にあまりにも給与面について細かく聞くのは考え物です。常識の範囲内であればどんどん訊ねるのは良いですが、してもいない残業の時間給や、有給は自分の好きな時にいつでも取れるのか?などといった話ばかりするのは好ましくないでしょう。